2019/07/19

SketchUpPro 2019.2 ジオロケーション取込機能のアップデート!

今回リリースされた 2019.2 で、ジオロケーション取込機能がアップデートされました!

SketchUp は Google 時代は、XYZの原点に緯度と経度を指定して、GoogleMap の地図画像や衛星画像、3次元地形を取込むことが可能で、Google から Trimble に変わって5年の経過措置が終了した後も、Digitalglobe や OpenStreetMap から同様に取り込む機能は継続しています。

SketchUp で地形や衛星画像を取り込む際、いままでは最大範囲(約2km x 2km)を一回で取り込む場合、画像の解像度が低くなってしまうため、画像を拡大して解像度をあげて、数回に分けて取込を繰り返す必要がありました。

有償の PlaceMaker というプラグイン($199.00/年)にはこの作業を自動で処理してくれる機能もありますが、なんと今回のアップデートで、SketchUp の標準機能でも、広範囲を解像度を上げて取り込むことが可能となりました!

[場所を追加] コマンドを実行すると、新しいインターフェイスが表示されます。
たとえば、取込可能な最大範囲を表示した場合の解像度(ズームレベル)は15となっていますが、解像度をあげて、18とすると、取込可能な範囲は、画面のサイズの制限から、小さくなってしまいます。
このまま取り込むと、解像度は高いが、範囲は狭い状況となってしまうので、この解像度で広範囲が必要な場合は、範囲をずらしながら作業を数回繰り返さなければなりませんでした。
新しいUIでは、ズームレベルは小さいまま(広範囲のまま)、インポートレベルのスライダーで、範囲はそのままズームレベルを上げた画像を1回で取り込むことが可能となりました!
取り込まれたテクスチャを確認すると、DigitalGlobe のコピーライトのついた画像が指定した範囲によって自動的に分割されて取り込まれていることがわかります。
Google から Digitalglobe にサーバーが変更となりましたが、今回のアップデートで、SketchUp 単体でもここまでの解像度の画像が取込可能となりました。いろいろなプラグインも含めて、SketchUp での地形モデリング手法にまた選択肢が増えさまざまな利用が
考えられるのではないかと思います。

※ 本機能の実行には、SketchUpPro 版 または SketchUpStudio 版が必要です。





SketchUp Pro 2019.2 リリース!

SketchUpPro 2019.2 がリリースされました!
Mac版のリビジョンナンバーは 19.2.221
メジャーアップデートなのではないかと思えるほどのさまざまな新機能が追加されています・・
今回追加された新機能については、リリースノートブログで、テキストだけではなく、画像を交えて詳しく紹介されています

リリースノートの日本語訳は別ポストにするとして、まずはダウンロードしてインストール! ダウンロードはいつものこちらから・・
https://www.sketchup.com/download/all

今回のアップデートでは、SketchUp と LayOut を連携して図面表現する上で、気の利く新機能がいろいろ追加されました。
まずは、SketchUp の単位設定で、「長さ」「面積」「体積」の単位を個別に設定できるようになりました。
いままで、SketchUp で単位をmmに設定したモデルから、LayOut のラベルで面積を参照した場合、ものすごい桁数になってしまい実用できなかったところ、面積の単位を個別にmに設定して、気軽に面積をラベルで参照できるようになりました。
ラベルの引出し線は、透明にすれば、あたかもテキストで記入したように表現可能です。
(でもちゃんとモデルを参照して、変形すると数値も変わります!)

※ ㎡や㎥の表記が、相変わらず文字化けしますが、フォントをいろいろ変更してみると、ちゃんと表示されるフォントも発見できました・・ 


さらに、LayOut の寸法線は、引出し線の角度を自由に調整できるようになったので、今まで不自然だった3Dオブジェクトのアイソメ表現での寸法表記も、普通に表現可能です。
そしてさらに、寸法値は <> というタグで参照されるようになったため、編集して、寸法値の前後に文字を入力しても、モデルを参照した値とすることが可能です。(今までは編集してしまうと、単なるテキストとなってしまっていました。)

他にも、インポート可能なファイルを直接ドラッグドロップで、そのファイルタイプを感知してインポートできるようになったり、画像のエクスポート時にエッジのウェイトコントロール(線の太さのコントロール)ができるようになったり、詳細はリリースノートブログを参照してみてください。




2019/07/03

SketchUp 消しゴムコマンド


<機能1:消しゴム>

・クリックしてエッジを削除
・クリックしたままドラッグしてエッジを連続選択
→左ボタンを離すと、連続選択したエッジをまとめて削除



<機能2:消しゴムによる連続選択

・クリックしたままドラッグしてエッジを連続選択
→左ボタンを離さずに、[Space]キー(選択ツール)を押すと、削除はせずに選択状態をキープできる

→ここで、選択エッジを右クリックすると、コンテクストメニューから、[エンティティ情報]を表示して、エッジの属性を変更したり、[削除]・[非表示]・[エッジをソフトニング/スムージング]等も選択可能(以下連続選択で同様)




<機能3:エッジの非表示

・[Shift] を押しながらクリックして、エッジを非表示
・[Shift] を押しながらクリックしたままドラッグして、エッジを連続選択
→左ボタンを離すと、連続選択したエッジをまとめて非表示
→左ボタンを離さずに、[Shift] は離して、[Space]キー(選択ツール)を押すと非表示にはせずに、選択状態をキープできる(機能2と同様)



<機能4:エッジのソフトニング&スムージング


・[Option](MAC)/[Ctrl](WIN) を押しながらクリックして、エッジをソフトニング&スムージング
・[Option](MAC)/[Ctrl](WIN) を押しながらクリックしたままドラッグして、エッジを連続選択
→左ボタンを離すと、連続選択したエッジをまとめてソフトニング&スムージング
→左ボタンを離さずに、[Option](MAC)/[Ctrl](WIN) は離して、[Space]キー(選択ツール)を押すとソフトニング&スムージングはせずに、選択状態をキープできる(機能2と同様)



<機能5:エッジのソフトニング&スムージング解除

・[Shift]+Option(MAC)/Ctrl(WIN) を押しながらクリックして、エッジのソフトニング&スムージング解除
・[Shift]+Option(MAC)/Ctrl(WIN) を押しながらクリックしたままドラッグして、エッジを連続選択
→左ボタンを離すと、連続選択したエッジをまとめてソフトニング&スムージング解除
→左ボタンを離さずに、[Shift]+[Option](MAC)/[Ctrl](WIN) は離して、[Space]キー(選択ツール)を押すとソフトニング&スムージング解除はせずに、選択状態をキープできる(機能2と同様)


<その他>

・[消しゴム]によるクリックでは、隠しジオメトリとなっているエッジは削除(選択)できないが、[消しゴム]による連続選択では、隠しジオメトリが非表示でも、ソフトニング&スムージングされたエッジを選択可能(但し非表示のエッジは選択できない)

・[消しゴム]で[面]をクリック/ドラッグしても、[面]は削除されない
・[消しゴム]で[面]を右クリックすると、コンテクストメニューから[面]を削除可能
 →[消しゴム]ツールから、[選択]ツールに変更しなくても[面]を削除可能


2019/04/10

SketchUp Pro 2019 M1 リリースノート

Google 翻訳をベースにした日本語訳(一部意訳)です・・
(おかしいと思われるところは原文を確認してください)

SketchUp Pro 2019 M1

Released: April 8th, 2019

Version
19.1.174 (Win 64-bit) 
19.1.173 (Mac 64-bit)

SketchUp Release Notes

修正事項:
・ウェルカムウィンドウでユーザーに表示されるクラシックおよびトライアルライセンス情報が混乱を招く可能性がある問題を修正しました。具体的には:
・ユーザーがアクティブなSketchUpトライアルと一緒にクラシックライセンスを入力しても、Studioバンドルの他の製品を試すことができます。
・ユーザーがクラシックライセンスを入力した場合、ライセンスパネルはデフォルトでクラシックタブになります。
・ユーザーがクラシックライセンスを入力した場合、[ファイル]パネルの右上隅に試用期限切れのテキストは表示されなくなります。
・AutoCAD 2018ファイル形式を使用してエクスポートすると、ファイルがAutoCAD 2019で開かれたときにSketchUpとLayOutの両方に "Student Version"プロットスタンプが作成される問題を修正しました。
・テキストが2D DWG / DXFエクスポートでエクスポートされない問題を修正しました。
・再起動またはシャットダウン後に自動保存ファイルがMac上で持続しない問題を修正しました。

Windowsでは、復元されたファイルは以下のパスに保存されます。
C:¥Users¥(YourUserName)¥AppData¥Local¥SketchUp¥SketchUp 2019¥SketchUp¥working¥SKETCHUP¥RecoveredFiles

Macでは、復元されたファイルは以下のパスに保存されます。
~/ライブラリ/Application Support/SketchUp 2019/working/SKETCHUP/Recovered Files

(Win)マテリアルダイアログが展開された状態でモデルがゆっくり開く問題を修正しました。

(Win)アポストロフィがあるWindows OSユーザー名に対して[ライセンスの追加]ボタンが機能しなかった問題を修正しました。

LayOut Release Notes

修正事項:

・ファイルを開くときにLayOutがクラッシュする問題を修正しました。これは、破損したパスが検出されたときに削除されていないことが原因でした。

SketchUp API Release Notes


(省略)

2019/04/09

SketchUp Pro 2019 M1 リリース!

SketchUp Pro 2019 Maintenance Release 1 (M1) がリリースされました!
Mac 版のリビジョンナンバーは 19.1.173 です.

現時点でリリースノートが公開されていませんが、いくつか日本語訳が修正されていました. ([Extentions] メニューが[拡張機能]に...)
また、2D DWG/DXF 出力時にテキストが出力されないという問題も解決しています.

ダウンロード時のファイル名が、当初のリリース(M0)では、
SketchUpPro-2019-0-684-20289-ja.dmg
でしたが、メンテナンスリリース版(M1)は、
SketchUpPro-2019-ja.dmg
と、シンプルなものになっています.
ダウンロードのリンクはコチラ・・
https://www.sketchup.com/download/all

詳細は、リリースノートが公開されたら追記します・・
→ 次のポストへ (2019/04/10 追記)

2019/02/21

SketchUp Pro 2019 クイックリファレンスカード

英語サイトのヘルプページに 2019 版 SketchUpLayOut のクイックリファレンスカードが公開されています・・ その日本語版のダウンロードリンクです・・

SketchUpPro ver.2019 クイックリファレンスカード(日本語版)


LayOut ver.2019 クイックリファレンスカード(日本語版)

Windows版はこちら・・




2019/02/12

SketchUp Shop 2019 対応アップデート

SketchUpPro 2019 リリースにともない、SketchUp Shop もアップデートされました。 2019から表現できる様になった破線のデータも、WEB版で表示可能となっています。(現時点では WEB 版で破線の設定はレイヤトレイにはみあたりませんでした・・)

以下は、現時点での WEB 版 SketchUp の更新履歴を Google 翻訳したものです・・
こうしてみる WEB 版は my SketchUp → SketchUp Free → SketchUp Shop と、結構頻繁にアップデートされてきていたのですね・・


2019年2月5日
•新しいモデルは2019年の.skpフォーマットで保存します。
•SketchUp Pro 2019で作成したモデルはSketchUp For Webで開きます。これにはSketchUp Pro 2019で作成された線種の表示が含まれます。
•モデルは2019ファイル形式でダウンロードできます。モデルは、2016年の.skp形式でダウンロードできなくなりました。
•PNG画像のエクスポートにシーンピッカーを追加しました。これで、イメージを構成するときにシーンにアクセスしてシーン間を移動できます。
•PNG画像のエクスポートに標準ビュー(上面、前面、背面など)を追加しました。
•3Dギャラリー検索からコンポーネントをロードしても、元の検索と結果にはコンポーネントブラウザでアクセスできます(再設定とは対照的に)。
•コンポーネントブラウザでどれだけ下にスクロールしても、コンポーネントブラウザの検索結果のページ間を移動できるようになりました。
•3D Warehouseの検索結果には、モデルファイルのサイズと人気度(ダウンロード数)も表示されます。
•バグ修正:大文字のファイル拡張子を持つ.DWGファイルが問題なくインポートされるようになりました。
•Web版SketchUpの利用規約が更新されました。 (学校ユーザーのSketchUpには適用されません)。

2019年1月8日
•いくつかの修正と改良を加えた、新年のための光沢のある新しいリリース。

2018年11月13日
•ライブプレビュー画像のエクスポート:SketchUpから画像をキャプチャする前に、特定の画像サイズに合わせてビューを構成します。ファイル(フォルダアイコン)/書き出し/ PNGを選択します。

2018年10月16日
•その他の修正と安定性の向上。

2018年9月19日
•その他の修正と安定性の向上。

2018年9月4日
•アウトライナに検索機能を実装しました。
•選択された領域を表示するように「領域」コンテキストメニュー項目を修正
•切断面を追加するときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
•その他の修正と安定性の向上。

2018年8月1日
•モデル内材料を.skmファイルとしてダウンロードできるようになりました。
•モデル内コンポーネントブラウザに詳細ビュー、リストビュー、サムネイルビューを追加しました。
•モデル内のマテリアルブラウザに詳細、リスト、およびサムネイルビューを追加しました。
•アウトライナ内で編集または選択されているエンティティをすばやく表示する機能が追加されました。
•新しいスタイルを作成する機能を追加しました。

2018年7月17日
•SketchUp Shop購読者はモデル内スタイルを編集できるようになりました。
•その他の修正と安定性の向上。

2018年6月13日
•一部のユーザーがアプリケーションにアクセスできない認証ワークフローのバグを修正しました。
•さまざまなUIの修正を行いました。
•SketchUp for SchoolsでSTLファイルの挿入が可能になりました。
•スケッチエッジスタイルが正しくレンダリングされないというバグが修正されました。

2018年4月30日
•モデルが完全に保存され、ユーザーのアカウントにアップロードされたことを示すためにUIが変更されました。

2018年4月13日
•STLファイルからモデルを挿入できなかったバグを修正しました。
•場合によってはモデル名にドットが埋め込まれていなかったバグを修正しました。

2018年4月10日
•これはSketchUp Shopの最初のリリースです。これは、手頃な年間購読価格で高度な機能を提供します。
•すべてのユーザーに追加:テキストツール、SketchUpストアへの直接リンク、その他のパフォーマンスと安定性の向上。
•SketchUp Shop購読者用に追加されました:マテリアルエディタ、アウトライナ、ソリッドツール(ユニオン、減算、トリム、交差、分割)。
•SketchUp Shopの購読者は、SketchUp Freeで作成したモデルから「SketchUp」の透かしを削除できるようになりました。
•モデルのインポートおよびエクスポート機能用のクラウドベースのファイル変換サービスを追加しました。
•SketchUp Shop購読者用のdwg、dxf、dae、kmz、3ds、stl、demからのファイルインポートのサポートを追加しました。
•SketchUp Shop購読者用のdwg、dxf、dae、kmz、3ds、stl、wrl、fbx、xsi、objへのファイルエクスポートのサポートを追加しました。
•SketchUp Shop加入者の[ヘルプ]メニューにSketchUpテクニカルサポートへの直接リンクを追加しました。
•SketchUp Shop購読者のアカウント管理への直接リンクを追加しました。

2018年2月20日
•すべてのガイドを削除する機能を追加しました。
•マテリアルブラウザのメモリ使用量とパフォーマンスを改善しました。
•その他の修正と安定性の向上。

2017年12月13日
•WebGL 2のサポートをより広範なハードウェア構成に拡大しました。
•3Dギャラリーにモデルをアップロードするときの問題を修正しました。
•インストラクタパネルのコンテンツが特定の言語で正しく表示されないというバグを修正しました。
•モデリング中にウェルカムツアーを再開する機能が追加されました。
•ウェルカムツアーのUIを更新しました。
•拡張子が.skpのファイルがGoogleドライブのSketchUpで開かれたときの問題を修正しました。
•SketchUp MakeおよびSketchUp Proデスクトップアプリケーションをアプリのダウンロードページに追加しました。
•3Dテキストツールがそのツールグループの選択されたツールとして動かなくなる原因となっていたバグを修正しました。
•その他のUIの問題を修正しました。

2017年11月7日
•マテリアルパネルにUIの機能強化を追加しました。
•エンティティ情報パネルにUIの機能強化を追加しました。
•3Dテキストツールを追加しました。
•3Dテキストの追加ツールと寸法ラベルに、より多くのフォントファミリとスタイルのサポートを追加しました。
•寸法ラベルのフォントサイズを選択する機能が追加されました。
•アイコンのUIの機能強化を追加しました。
•右側のサイドバーからパネルを追加および削除する機能が追加されました。パネルは最後に使用された位置までスクロールします。
•3D Warehouseモデルのアップロードの説明にハッシュタグのサポートを追加しました。
•右側のサイドバーのサイズを変更する機能を追加しました。
•SketchUp for Schoolsにカリキュラムの内容を追加しました。
•3D Warehouseモデルのアップロードインターフェイスが改善されました。
•ユーザーインターフェースの言語を変更する機能を追加しました。この作業はまだ進行中であり、時折翻訳されていない単語と共に不正確な翻訳があるかもしれないことに注意してください。
•ブラウザでサポートされている場合、レンダリングパイプラインをWebGL 2.0を使用するように変更しました。
•Safariに.skpファイルを挿入できないバグを修正しました。
•マテリアルブラウザが正しく更新されないというバグを修正しました。
•標準ビューの誤ったラベルのUIボタンが修正されました。
•特定の透明マテリアルがレンダリングされないというシェーダのバグを修正しました。
•Googleドライブから読み取り専用モデルを開くときに発生していたバグを修正しました。
•多数のシーンを開いたときにWebGLのコンテキストが失われるバグを修正しました。

2017年8月22日
•3D印刷用の.stlファイルのダウンロードを追加しました。
•基本的なモデリングスキルを習得するためのカリキュラムタブを追加しました。
•ファイル同期のバグを修正しました。
•その他のUIの機能強化。

2017年7月13日
•左側のサイドバー、右側のサイドバーのパネル、およびホームバーにUIの機能強化が追加されました。
•インターネット接続の喪失の取り扱いを改善しました。
•新しいシーンを追加するときのバグを修正しました。
• "SketchUp for Schools"ベータ版をサポートするためのさまざまな修正
•モデル保存ワークフローのバグを修正しました。
•右側のサイドバーパネルのスタイルとマテリアルの重複リストのバグを修正。
•ファイルブラウザでプロジェクトが重複する問題を修正しました。
•ブラウザでサポートされている場合はWebAssemblyをオンにします。
•3D Warehouseコンポーネントブラウザを更新しました。
•ログインワークフローのバグを修正しました。
•3DギャラリーにアップロードするとSafariがクラッシュする問題を修正。
•Googleドライブにアップロードされたモデルのサムネイルの生成を追加しました。
•エンティティ情報に長さ寸法と半径寸法を追加しました。
•エンティティ情報に画像の詳細を追加しました。
•コンポーネントが3Dギャラリーからインポートされるときに発生するバグを修正しました。

2017年3月1日
•ダイアログが開いているときにモデリングのショートカットキーが機能しなくなりました。
•特定のWindows OS構成で発生するクラッシュを修正しました。
•モデルのタイトルを変更すると、現在のモデルの名前が変更されます。
•モデル保存のバグを修正しました。
•別のモデルを開く前にモデルを保存するように促します。
•Safariのオンボーディング中に発生するレイアウトの問題を修正しました。
•モデル内コンポーネントの削除に関するバグを修正しました。
•Edgeの起動時にクラッシュする問題を修正しました。
•大きなモデルがビューアにロードされたときに発生するバグを修正。
•チーム写真を更新しました。
•切断面を作成するためのツールが追加されました。
•モデル内スタイルを消去する機能が追加されました。

2017年1月24日
•Aboutタブを追加しました。
•変更履歴、チーム、および利用規約を[バージョン情報]タブに追加しました。
•シーン機能を追加しました。
•画像の挿入とskpファイルの機能を追加しました。
•コンテキストメニューに[切り取り]、[コピー]、[貼り付け]、[貼り付け]、[削除]を追加しました。
•未使用の材料をパージする機能を追加しました。
•未使用のレイヤーを削除する機能を追加しました。
•レイヤーリストをテキストでフィルタリングする機能を追加しました。
•フォグ設定を追加しました。
•標準表示コントロールを追加
•視野コントロールを追加しました。
•2ptパースペクティブコントロールを追加
•断面平面ツールを追加しました。
•バケツツールとスポイトツールを追加しました。
•自動保存の繰り返しを修正しました。
•フォーラムアイコンを再配置しました。
•アプリ内通知を追加しました。
•その他のバグ修正とUIの機能強化。

2016年11月9日
•レイヤーのカラーピッキングを追加しました。
•バケツと材料マッチングツールを追加しました。
•位置カメラツールを追加しました。
•ウォークツールを追加
•周りを見回すツールを追加
•ズームウィンドウツールを追加
•新しいユーザーオンボーディングスライドショーを追加しました。
•ディスクからモデルを追加すると、開いているダイアログがリロードされて選択が失われる問題を修正。
•自動保存の繰り返しを修正しました。

2019/02/11

SketchUp ラインナップの比較

SketchUp 2019 がリリースされて新たなサブスクリプションプログラムもリリースされ、SketchUp は全てサブスクリプションに移行したように見えますが、実は今まで通りの永続ライセンスも存続しています・・ 

選択肢が増えてすこし混乱もある様なので、現状、sketchup.com で公開されているラインナップを比較してみました・・

※以下表示されているコストは、全て海外サイトのコストです。
※Classic には WEB版 SketchUp は付属しないので訂正しました..(2019/03/23)


まずわかりやすいところでは、Studio と Pro のコストの差は、環境解析ソフトの Sefaira があるかないかというところ。逆算すると、Sefaira の年間サブスクリプション費用は $900/年( = $75/月) ということになります。

新しいサブスクリプション方式による SketchUpPro の年間サブスクリプション費用は、$299/年 となりましたが、これはよく見ると、今までの SketchUp(Classic) のメンテナンス&サポート費用 ( = $120/年) と SketchUpShop の年間サブスクリプション費用 ( = $119/年) を合算した $239/年より、 $60/年 高くなっています。この差額は、XR ヘッドセット対応の為の年間コストということになります。
いままで、Holorens や HTC VIVE, Oculus などに対応したビューアの費用はかなり高額でしたが、これが新しい SketchUpPro には、$60/年 ( = $5/月) の追加で可能となったということになります。

いままでの Pro 版ユーザは、いままでどおり $120/年 ( = $10/月) のメンテナンス&サポート費用で、アップデートできるので、XR ヘッドセット対応ビューアが必要なければ、SketchUpShop の年間サブスクリプション費用 $119/年 ( = $9.92/月) を追加することで、無制限の Trimble Connect のクラウドストレージと、$9.90/年相当の  Mobile Viewer の AR/VR 機能が利用が可能となるので、これも一つの選択肢かもしれません。

ちなみに TrimbleConnect は、フランク・ゲーリーが使っていた、ゲーリー・テクノロジー社の GTeam を買収したものですが、GTeam のサイトを見ると、パーソナルユースのフリー版のスペックは 10GB と同等ですが、ビジネスユースについては、200GBのクラウド・ストレージ容量が、$200/月となっていて、これは年間コストにすると、$2400/年となります。これに対して TrimbleConnect は容量無制限で $119/年なので、約1/20のコストでしかも無制限という状況で、いかにコストパフォーマンスがよいかがわかります。
チームでモデルを共有して作業する必要がある場合には最適解なのではないかと思います。 しかも TrimbleConnect は SketchUp だけでなく、RevitTeklaStructure や、VICO Office 等にも対応しています。




比較のついでに、上の表に対応する、その他のスペックの違いは下記の通りです。